MENU

俺が成功した出会いアプリの女の子を口説く攻略法

出会系アプリを使う目的は人それぞれで違いますが、本当に真剣に出会いを求めるならどのようにアプローチしていくのかをしっかり知っておいた方が出会える確率を上げることが出来ます。

 

間違ったアプローチを続けていると、出会いたくても出会えないので、あらかじめアプローチを知っておいた方がスムーズに出会いを見つけることが出来ると思います。

 

下記でアプローチ方法をまとめておくので、よかったら参考にしてみてくださいね!

 

ファーストメールを大切に!

1番初めに女性にアプローチ方法と言えば、ファーストメール!

 

ファーストメールで興味を持ってもらわないと女性はそのメールをスルーして返信が返ってこない。適当に考えるのではなく慎重に考えるようにすることをオススメします。

 

例えば、「はじめまして^^気になったからメールしました!よかったらメールしましょう。」と言うメールが届くとしましょう。
でもこのメールって「誰にでも送ってる、特別感がない、返そうと思わない」と感じると思いませんか?相手の立場になって考えればこんなメール送っても返ってくることはないとわかりますよね。

 

シカトする

 

女性は多くの男から似たようなメールが届いているのでスルーされる確率が非常に高いです。
それに何が気になってメールしてきたのか全くわからないので、返信したいと思いません。

 

女性に自分を選んでもらい返信してもらうためには!

はじめまして。〇〇さん。

 

俺は、都内に住む28歳の会社員です。

 

プロフィールに映画鑑賞と書いてあって、同じ趣味で気になったのでメールしました。
俺は■■系の映画をよく見るんですが、○○さんは何系の映画が好きですか?

 

もしも何かオススメがあれば教えてください。

 

映画の話とかもしたいので、よかったらメールください。
メールが返ってくることを楽しみにしています。

 

このようなメールを送ると女性は興味を持ってくれやすくなるので、参考にしてみてほしいと思います。

 

このメールのポイントは
・相手の名前を入れていること
・相手のプロフィールの内容に触れていること
・共通点があることをしっかりアピールしていること
・メールを待っていることを伝えていること
・敬語を使っていること
ファーストメールでは、このようなことが重要になるので覚えておきましょう!

 

相手の名前を入れることで、自分にメールをくれていると特別感を与えることが出来るので印象がよくなりますし、相手のプロフィールの内容に触れることでしっかりプロフィールを見たこともアピール出来ます。

 

それと簡単に自己紹介をすると相手にあなたがどんな人なのか知ってもらうことが出来るので、必ず簡単な自己紹介はしましょう。

 

また共通点があると人は親近感が湧きますし、興味を持ちやすくなるので積極的にアピールすることが大切です!

 

その他にも質問を入れてメールを待っていることを伝えると、女性から返信が来やすくなるので、参考にしてみてください。

 

そして敬語を使うというのもすごく重要です!
早く仲良くなるため、相手が年下だからと言うような理由で初めからタメ口を使ってしまう人がいますが、それは間違いなので絶対にやめた方がいいです!

 

スマホ見る3

 

初めからタメ口を使ってしまうと女性から、「馴れ馴れしい」「礼儀がなってない」「チャラい」と思われてしまい返信しようと思ってもらえないので、仲良くなってからであればいいですが、初めは相手が誰であっても必ず敬語を使ったほうが相手への印象が良くなります!

 

誰にでも送れるようなメールではなく、その人を選んで送っていると思ってもらえるようなメールにしたほうが返信がもらえやすくなるので、これらを参考にしてファーストメールを作ってみてはいかがでしょうか?

 

プロフィールをしっかり設定しよう!

ファーストメールを同じくらいに重要なのが、プロフィールです。

 

出会系アプリで自分のことをまず知ってもらう手段はこのプロフィールしかないので、プロフィールに空欄が多いとスルーされる確率が高いと考えた方がいいでしょう。

 

逆を言えば、プロフィールをしっかり設定していれば興味を持ってもらえるので、しっかり設定さえしていれば出会える確率が高くなるんです。
設定しているか適当で空欄が多いかで出会える確率が全く違うので、本当に真剣な出会いを求めたいのであれば、登録してすぐにプロフィールを設定してください!

 

出会系アプリで出会いを求めている人は、やり取りを始める前にかならずプロフィールをチェックするので、他の男と違ったプロフィール作りを意識した方がいいです。

 

そのため埋めればいいという訳ではなく、ここでも相手に興味を持ってもらうことを意識して考えながら出来るだけ詳しく書くようにしましょう。

 

そしてもう1つ注意してほしいのが、嘘は書かないことです!でも、多少盛る程度であれば大丈夫です!

 

嘘をつくのは自分の勝手ですが、身長などを大幅に詐欺ってしまうと、会った時に嘘がバレてしまい、相手の女性からガッカリされたり、不快にさせてしまう可能性があります。

 

それだけじゃなく趣味じゃないことを趣味だと書いて、知ったかぶりをしているといざその話題になった時に正確に答えることが出来ず、結果的に嘘がバレてしまい、相手が幻滅してしまい、上手くいかなくなってしまうので、嘘は書かない方がいいと思います。

 

でも身長を3センチ程度盛るくらいであれば許容範囲内なので良いですが、それ以上は明らかに嘘だとわかってしまうので注意しましょう。

 

またプロフィールには写真を載せることが出来るようになっているので、載せるか載せないか迷うと思いますが、絶対に載せることをオススメします。

 

中には、自分の写真ではなく風景画やペットの写真を載せる人がいますが、女性は自分がやり取りをする人がどんな人なのかあらかじめ知っておきたいと思っているので、自分の写真を載せるようにしてください。

 

といっても自分の顔を載せるのは抵抗があると思いますが、しっかり顔が見える物じゃなくても雰囲気がわかる写真であればOKです。

 

それに今は数多くの加工アプリがあるので、原形が無くならないように多少であれば加工してから載せるのもアリだと思います。

 

写真を撮る時の注意点
・キメ顔で撮らない
・ドアップにし過ぎない
・清潔感のある服装
・明るい所で撮る
・汚い所が写らないようにする
・笑顔で撮る
このようなことに注意しながら写真を撮ってみてください。

 

複数の女性にアプローチしよう!

出会系アプリで出会いを求めるのであれば、1人の女性を狙うのではなく、複数の女性にアプローチしたほうが効率よく出会いを求めることが出来ます。

 

もしも1人の女性だけにアプローチしたとしても、その女性から必ず返信が来るとは限りませんし、返信を待っている時間が勿体ないです。

 

時間を無駄にしないためにも、1度に複数の女性にアプローチして返信が来る可能性を増やした方が出会いやすさに繋げることが出来るので、複数人にアピールしていきましょう。

 

例えば、5人にアプローチして2人から返信が来れば、同時進行でやり取りしていけば、どちらかと上手くいく可能性もあるので、ドンドン行動していくことをオススメします。

 

正しいメールを送り間違えないようにだけはしてくださいね!もしも間違ってしまうとその時点でその女性からは返信が来なくなってしまうので、そこだけは十分に注意して行動していきましょう。

 

女性に合わせながらやり取りする

やり取りをするときに注意することそれは女性を優先に考えることです。

 

女性の中には、長文を好む人もいれば短文を好む人、頻繁にやり取り人もいれば、2〜3通で満足する人など、十人十色で全く違います。

 

なので、やり取りをする女性がどのタイプなのかしっかり見極めてやり取りをしていかないと失敗してしまうので、やり取りしている中でしっかりチェックしましょう。

 

スマホ見る5

 

例えば、長文で頻繁にやり取りを好む人とやり取りをするとしましょう。
このような女性の場合にあなたがどのような行動をすればいいのかと言うと、
女性に合わせて長文で返信することと、頻繁にメールを返してあげるようにしてあげることです。

 

このような女性に短文で返信したり、あまり返信しないでいると、「あたしに興味が無い」「やり取りしてても楽しくない」と感じてしまい、せっかくの出会いのチャンスを無駄にしてしまう可能性があるので、仕事などで忙しい場合は仕方がありませんがその時以外は女性に合わせながらやり取りしていくことをオススメします。

 

まとめ

以上が出会系アプリでのアプローチ方法になります。

 

男はお金をかけて出会いを求めているので、効率よくしっかり出会いたいと考えている人が多いと思うので、上記のことを参考にしながら出会いを求めていってほしいと思います。

 

プロフィール内容やファーストメールを手を抜いていると、出会いを求めていても出会いに繋がらなくなってしまうので、真剣に出会いを求めるならどのような内容にすると興味を持ってもらえるか、ライバルと差をつけることが出来るかを考えながら行動していくといいでしょう。

 

また時間を無駄にしないためにも、複数の女性にアプローチして効率よく出会いを求めてみてください。

 

これらを参考に行動していけばいい出会いを求めることが出来ると思うので、是非実践してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ